潰瘍性大腸炎はオナラができない!

潰瘍性大腸炎

オナラができない。
これほどツライことがあるとは思わなかった。

潰瘍性大腸炎の症状が出ていると、粘液がでます。
粘液は乳白色のドロドロした液体で、匂いはありません。

困ったことに、オナラをするとガスを排出する勢いで粘液が出てしまい、パンツを汚してしまうのです。

初期の頃は、オナラのコントロールが出来ずにパンツを汚してしまうこともありました。

なので、オナラをするときはトイレに駆け込みます。

そんな生活、普通の人には想像できませんよね。

例えるなら、酷い下痢に襲われて、トイレに駆け込むようなものです。

酷いときは2、3時間で粘液が直腸に貯まるので、夜に寝ていても2、3時間ごとに便意で目が覚めてしまいます。

熟睡なんてできません。

寝不足でフラフラしながらも会社に行きました。
寝不足は、ほんとにツライです。

今思うと、よくそんな状況を乗り切ったなぁと感心しますね。

今は症状が治まっているので、オナラし放題!
気にせずにオナラができるってサイコーですよ。

まぁ、普通の人からしたらアホな話なんですが。。。


余談ですが、オナラが多いのは腸内環境が良くない証拠です。
プロバイオティクス(乳酸菌)を変えたら、オナラが減りました。
しかも、臭いも臭さが弱くなり、驚きました。

プロバイオティクスについても別のnoteに記事にしたいと思います。

潰瘍性大腸炎の改善法はコチラ

タイトルとURLをコピーしました