スパイスの効果は? iHerb(アイハーブ)などで買った感想

商品紹介

おなかの調子が悪いので、病院の治療以外にできることはないかと調べていたら、ハーブやスパイスを活用するということにたどり着きました。

というのも、お昼にたまたまグリーンカレーを食べたのですが、その日はいつもよりお腹の調子がいいなと感じたのです。

たまたまかなと思い、後日にまたグリーンカレーを食べてみると、やはり調子がいい。

ここから、タイ料理やインドカレーのスパイスの有効性に興味を持ったのです。

この記事では僕の使用しているスパイスについて自分の勉強もかねてまとめていきます。

スパイスの情報については↓の書籍やネットの情報を参考にしています。

どこで購入するの?

スパイスは、iHerbでサプリやプロテインのついでに購入しています。
Simply Organic社の製品は大きい(65グラム)あるので、はじめは近所のスーパーでお試しで購入するといいでしょう!

スパイスの使い方

味噌汁やスープに混ぜて使うことが多いです。
当然ながら、なんでもスパイシーなスープになってしまいます。(辛くはないです)

シナモンやクローブは甘みがあるので、コーヒーにいれたり、ヨーグルトに混ぜたりするといいです。

ナツメグ・メース

【原産地】東インド諸島、モルッカ諸島
【主産地】インドネシア、グレナダ、スリランカ
【 特殊(薬理)効果】
漢方では下痢止め, 腹痛, 乳汁欠乏, 消化不良など。また、日本では古くから芳香性健胃薬として配合されている。

iHerbでの購入はコチラ

コリアンダー

【原産地】南ヨーロッパ、地中海沿岸
【主産地】ハンガリー、アルゼンチン、アメリカ、メキシコ、インド、インドネシアなど
【特殊(薬理)効果】
コリアンダーの種子中に少量であるが、ステロイドとしてγ-シトステリン、 ウンベリフェロンおよびスコポレチンなどを含有している。種子から得た抽出物にも抗菌性が認められている。種子は健胃、駆風(くふう)、袪痰(きょたん)、解毒薬として用いる。

タイ語では、パクチー!

iHerbでの購入はコチラ

ジンジャー

【原産地】熱帯アジア、インド
【主産地】インド、西アフリカ 、中国、韓国、台湾、日本、ジャマイカ、ベトナムなど
【 特殊(薬理)効果】
ジンジャーは、芳香性健胃薬または矯味(きょうみ)薬として広く使用されている。漢方では健胃薬、鎮嘔薬として水毒による症状を治すのに用い、乾姜は新陳代謝機能の低下したときに用い、嘔吐、咳、めまい、手足の冷え、腹痛、腰痛、下痢などの治療薬に含まれたりする。ジンジャーの精油は、チフス菌やコレラ歯などに対して殺菌作用があり、特にジンゲロンとショウガオールはこれらの病原菌に強い殺菌作用がある。

iHerbでの購入はコチラ

シナモン

【原産地】スリランカ、南インド
【主産地】スリランカ、インド、インドネシア、ビルマ、ベトナム、 ボルネオなど
【 特殊(薬理)効果】
西洋では古くから薬用として用いられ、現在でも内科的疾患の民間万能薬として広く利用されている。 また、インドでは「tejpat」として知られ、腹痛、下痢の治療薬としても利用されている。和漢薬としては、健胃、駆風、発汗、解熱などに頻用する。 また、風邪薬、腹を温める薬、鼓脹を和らげる薬としても使われる。シナモンの樹皮から蒸留した精油(桂皮油) には抗菌性があり、大腸菌、ブドウ球菌、カンジダ·アルビカンス菌 (カンジダ症の病原菌) などの発育を抑える。

iHerbでの購入はコチラ

クローブ

【 原産地】モルッカ諸島(インドネシア)
【主産地】インドネシア、マレーシア、ペナン、インド、スリランカ、ブラジル、南アメリカ
【特殊(薬理)効果】
和漢薬では急性腸カタル, 腹痛などに広く使用され, クロープは胃を温め,痛みを止める作用があり、 あく逆(しゃっくり)、 嘱吐、胃痛、腹痛を治すとされている。 オイゲノールには未梢神経を麻痺させる作用があるので、 歯の痛み止めや歯みがきなどに精油が使用されている。

この商品、すぐ売り切れになります。タイミングが悪いとなかなか買えないです。

iHerbでの購入はコチラ

クミン

【原産地】地中海沿岸、エジプト
【主産地】インド, ウクライナ、モロッコ、アルジェリア、シリア、エジプト、イラン、メキンコ、中国、トルコ
【特殊(薬理)効果】
古代社会から薬用植物として利用され、 インド医学でも興奮薬、駆風薬、 健胃薬として伝統的に用いられ、また下痢や腹痛にも使われたが、その効果については未詳である。和漢薬としては用いられていない。

カレーの香りはこのスパイス!
初めて使ったときに、これがカレーの香りなのかぁと感動しました。

iHerbでの購入はコチラ

ターメリック

【原産地】熱帯アジア、インドシナ半島
【主産地】インド、中国、 フィリピン、台湾、ペルー、スリランカ、インドネシア、 ハイチ、ジャマイカ、ベトナム
【 特殊(薬理)効果】
ターメリックは利胆薬として肝臓炎、胆石症、カタル性黄疸に用いられる。また、ターメリックの粉末を水で練り、痔、創傷、膿腫、関節炎などに外用する。漢方では吐血、鼻血、血尿に内服し、止血作用があるとされている。

カレーの黄色はこのスパイス!

iHerbでの購入はコチラ

タイトルとURLをコピーしました