悩まずにはいられない人

加藤諦三さんの本

この本を読んだら、職場にいた人にモロに当てはまると思った

 

どういう精神なのだろうかと思っていたけど、この本が解明してくれた

 

それは

 

悩んだり嘆いたりしている人はその状態が心地よいということ

なので、的確なアドバイスや否定は御法度なのである

 

嘆かれてアドバイスをしたら、気に障ったらしく

翌日から露骨に無視されたりしたなぁ

 

と、懐かしく思った

だが、人の事を言っている場合でなく

 

自分にも当てはまることがあるなと実感した

なお、この本は読みにくい

 

精神学者のソースから自己の考えを加えているのだが、同じパターンが続くので飽きる

 

同じ話を視点を変えて延々と続く感じ

ただ、僕の読解力が弱いだけなんだけど

タイトルとURLをコピーしました