Kindle Paperwhite を買ったら読書家になってしまった

◼なぜ、買ってみようと思ったのか?

Kindle版のほうが本が安い

物を減らしたかった

◼買ってみた第一印象

軽い

画面が本のインクみたい

◼カバーの必要性

持ち運ぶのならカバーは必要

Kindleを使うときに軽さを重視するなら袋タイプのもの

僕は最初にこの袋タイプのカバーを買ったが、失敗した。
袋から取り出すのが面倒くさいという理由で。

カバンからさっととり出して使うなら、手帳型タイプ

最初は軽さを重視したかったので袋タイプにしたけど、いちいち取り出すのが面倒だし、カバーの置き場に困るから手帳型に変えました

ちなみにKindleは世代でサイズが異なるので、自分のKindleを確認してから対応カバーを買いましょう! ※Kindle電子書籍リーダーの見分け方

マグネットで開くとすぐに起動するのもよい
↑これ、最初はどうでもいいかと思ったけど、すごく便利です。
開くとすぐに起動するのがよい。

◼保護フィルムの必要性

カバーもなしで持ち運ぶ人は、保護フィルムがあった方がいいと思います

カバーがあるならなくてもいいかなと

せっかく反射防止の見易さを追求した画面なので、フィルムを張るのはもったいないとも言えます

結論、カバーは必要。画面保護フィルムはいらない

◼メリット

目が疲れない、というのは嘘です

スマホの画面よりは目が疲れにくいというのがホントのところ

普通に紙の本でも目は疲れますからね

スマホやタブレットよりは疲れないけど、紙の本よりは目が疲れる

といったところでしょうか

Kindleのいいところ、それは寝転がっていても画面に光が当たるので影にならない

紙の本だと影になって見にくいですからね

時計が表示される
本を読んでいると時間がすぐにたってしまいますよね、画面上部に時計が表示されるので、時間をすぐに確認できる

Kindle版だと紙の本より少し安い

Amazonプライム会員だとタダで読めるのもある

セールでメチャクチャ安い時がある

 インベスターZ を1円から20何円で買えたのはラッキーだった

◼デメリット

パラパラめくれない

何となく周囲の目線が気になる

充電しないといけないけど、バッテリーのもちはかなり良い

漫画だと画面が小さいので見にくい

ちなみにこの記事を書いているうちに新型が登場しています
カバーを買うときは新型に対応しているかを確認してください。

タイトルとURLをコピーしました